おせちの料理と食材それそれに込められた意味

おせち料理は、もともとは奈良時代に季節の変わり目である「節」に、おこなわれた宮中行事、節会(せちえ)に、神様に供えられた御節供(おせつく)料理が原型といわれます。江戸時代頃から、庶民の間にも浸透し、もっとも大きな季節の節目であるお正月のお祝い料理として、おせち料理と呼ばれるようになり定着していくのです。おせち料理の重箱に詰められる料理は地方や家庭によって様々ですが、それぞれに意味やいわれがあるのです。最も一般的でほとんどの重箱に入れられるのが、祝い肴三種です。

黒豆は、まめに働くなどの語呂合わせから、元気に働けるようにという願いが込められています。数の子は子宝と子孫繁栄、イワシの稚魚の佃煮、田作りは、昔、田んぼの肥料としてイワシがまかれていたことから、五穀豊穣を願うのです。口取りは口取り肴の略で、奇数が盛り付けられます。紅白蒲鉾の紅はめでたさ、白は神聖を意味するのです。

長崎から伝わったとされる伊達巻きは、巻物に似ていたことから学問や習いごとが成功するようにという願い。栗きんとんは財宝にたとえられ、商売繁盛と金運をもたらすといわれます。昆布巻きは、「よろこぶ」の語呂合わせの縁起ものです。焼き物の海老は長いヒゲと腰が曲がっていることから長寿祈願。

酢の物の紅白なますは、お祝いの水引きをかたどる、おめでたい意味があるのです。煮染めの野菜それぞれにも意味があり、子芋が沢山つく里芋は子宝祈願、穴が空いたレンコンには先の見通しがきくように。クワイは大きな芽が1本出ることから、出世を祈願しているのです。おせちのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*