最近のお正月はおせち料理を通販で購入する人が急増中

色とりどりの料理がお重の中にぎっしりと詰め込まれ、華やかなお正月の食卓に欠かせないものが日本の伝統でもある「おせち料理」です。一般的に元日の食事として供されるものですが、北海道の一部地域などでは12月31日(大晦日)から食卓にのぼることもあります。縁起物とされる料理が多いのも特徴で、子孫繁栄の象徴でもある数の子や、「喜ぶ」という言葉にかけた昆布巻き、豪華で見栄えの良い真鯛や大きな海老などの魚介類、紅白のかまぼこや栗きんとんなども人気の食材となっています。昔はこれらの料理も全て家庭で主婦が手作りを行っていたものですが、時間短縮の意識や価値観の変化など社会的な背景も変化してきたことにより、おせち料理そのものを外部委託という形で通信販売で購入するという家庭が大きく増えてきています。

近年のインターネット通販で購入することのできるおせち料理は、家庭で作るものとの差別化をはかる観点から豪華さや味の良さを追い求めて高級化している傾向にあります。消費者側にとっても1年に1回であるということから高価で品質の良い物を選びたいという心理的な効果もあり、高級おせち料理がたいへん人気を集めている状況にあります。食材は一般家庭では手に入りにくい上質の物を使用し、味付けは老舗の料亭や一流料理人が監修しているというとても贅沢なおせち料理が特に人気で、比較的高価なものであるにもかかわらず好調な売れ行きを示しています。おせちのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*